Img_3b6107369ab2fe1d61d6bf0ef5aafe41
iPhone 6S
桜が今年は長かった。
開花宣言が出た時はうちの近所はまだほとんど咲いておらず、えー!と思ったけれども、そのあと温かい日があるとどんどん花は色を付けながら開いていったようだ。

春は桜より沈丁花の香りで見つけるわたしは、視覚より嗅覚のほうがいいのか?
食いしん坊でもないんだけれど。
Img_d6e9543add64e424a445220dac34159d
(プリントを複写)
ずっとぽっかり空いていた時間の記憶のかけらを見せてくれる写真が手元にやってきた。
30代・・・
私にとっては、今となってはどうだったのか、ぼんやりとしか記憶にない時間だ。

この写真は父が退院し、その年の5月にフロリダに行ったときに一緒に私も行ったんだけど、その時にマイアミから宿泊する場所迄妹が車を運転していく途中の1枚だったかと思う。
父は病み上がりで疲れやすくて、多分このときは車の中で寝ていたのかもしれない。
・・・いい旅行だったのかどうか(厳密に言うと旅行ではないのだが)ほとんど覚えていない。
フロリダの海沿いは常に風が強くて、海はサメがいるから危ないだの(笑)言われたような記憶はあるけれど。

30代の自分はこんな恰好をしていたのか。
こんな短いスカート履いていたっけ?(笑)
スポーツクラブに通っていた頃だと思うけれど、それ以外何をしていたんだろう。

サングラスの下の私の瞳は輝いていたのだろうか・・・