Img_37dcd5f9649d51ef7e93d5409e0358bd
Canon Eos5D, Tamron 90mm f2.8 SP AF Di MACRO
"Cats and Dogs" 展が終わって、気付いたら7月。
1年の半分が終わりました。
江ノ島辺りも海開きかな・・・・夏の到来ですね。

ふぅーーーーっと溜息をついたら、なんだか気持ちが軽くなっている事に気付きました。
一段落ついたんですかね。
あれほど疲れた〜〜〜眠い〜〜というのがウソのようになくなりましたよ(笑)?
なんで?
やっぱり相当疲れてた?
・・・うーむ。

自分で気付かないうちに疲れが溜まっていて、それを認めたくないと足掻き(あがき)ましたが。
やっぱり身体は正直なのかもしれません。
少しだけ休んだらまた動きはじめます。

Img_136024c1eadc5780198d9291482fef0c
Canon Eos5D, Tamron 90mm f2.8 SP AF Di MACRO
朝から雨。
蒸し暑い。
・・・・
でも出かける予定。
うーん。

と、猫に言ったところで通じなかった・・・
見てるだけ(笑)。
Img_f9fe4f56ccfb0104d7e8e0560035ea45
LeicaM2, Summaron 35mm f2.8 with Agfa APX400
(写真は2年前のものです。 今は亡きズマロンのレンズ・・・・)

昨日嵐の中江ノ電に乗ってきました。
目的は別でしたが、この時期、とりあえず時間が早いうちに行ってしまおうと・・・今考えたらあの天気の中じゃ、もう少し遅く行っても人は少なかったかもしれないですが(笑)。
・・・雨は大したことはなかったんですが(傘が必要なかったくらい)、とにかく暴風で大変でした。

最初極楽寺に行ったけど、生憎駅周辺は工事中・・・でも静かでよかったです。
長谷寺も小学生の遠足(?)と中学生の修学旅行(?)に巻き込まれた以外は、大混雑もなく雨にぬれた緑がみずみずしくてよかったな、と。
ただ、猛烈に蒸し暑くて参りました。
これで快晴だったら相当暑い筈・・・・想像するだけでおそろしい(笑)。
海も見たいと、稲村ケ崎で下車したんですけどねー・・・飛ばされずに歩くのがやっと。
七里ケ浜まで一駅歩いて退散・・・サーファーさえいない海なんて久しぶりに見ました。
いや〜〜〜・・・道路の渋滞も全くなくてむしろ閑散としてて拍子抜け。
・・でも江ノ電自体は結構人が乗っていました・・・彼らはどこに行ったんだろう(笑)。

お目当てのギャラリー (Gallery AAA) は江ノ電の江ノ島駅からも近くて、こんなところにギャラリーが?という場所にあってびっくり。
でも素敵な空間でした。
こけら落としの写真展もBGMの中で見ると別世界で、こういう場所でのモノクロ写真はいいな、と思いました。
・・・・生憎のお天気と、平日の為か、江ノ島駅周辺は終始静かでなんだか寂しいくらいでしたが、こんなのは多分珍しいのかな。

なにはともあれ、無事生還。
Img_e4bb4da8beae3246923488ab6236ec18
Canon Eos5D, Tamron 90mm f2.8 SP AF Di MACRO
先日梅雨が明けました・・・かなり早いです。
七夕も久しぶりに晴れたようですが。
・・・・
暑いです。
ハンパなく・・・・(溜息)
何も用事なければ外に出るのが億劫になるほどの暑さ。
ま、夏ですから仕方ないですけどね。

新しい掃除機が来て、古い掃除機と使えなくなったスキャナを処分したら(予定)少しスペースが出来そうなので、これを機にもう少しいらないものといるものを整理しなきゃいけなくなりそうです。
・・こんなことでもなければ、この暑さの中納戸を引っ掻き回すのは辛い(笑)。
暗室関連のものが増えて来てるし、プリントがものすごい勢いで増えて来ているし、パンク寸前で大変なのです。

しかし、この時間になっても(夕方4時)クソ暑い・・・・
Img_02018ce0e2e305913c745344539055a9
Canon Eos5D, Tamron 90mm f2.8 SP AF Di MACRO
なんだかんだでいろいろ一段落しそうです。
去年までとちがってどうも忙しかった半年余、後半はどうなるんだろう・・・(笑)

暗室に籠る事、サイアノプリント、そしてハッセルで写真を撮る事。
どれも今年始めた事だけど、なんだかずーっと自分を試されているようでどういうわけか緊張しっぱなしだったりします。
これからどうしようかな、とも思うけど、とりあえず出来る事はやってみます。

とりあえずはサイアノプリントか・・・(笑)。
あ、サイアノはあくまでも今は楽しみの段階なので、暗室に籠って内省的になった気持ちを外に解き放つ為にも必要かもしれないしね。

2匹の猫とじっくり遊べてないんだけどゴメン。
Img_8746154957c8b0459bdc9784a43efb38
iPod Touch
Img_472708f15e75aca02065f2273508d8d1
Ricoh GXR, A12 50mm f2.5 MACRO
スキャナ処分してからスキャンしてないので、いろんな画像がスキャン画像じゃなくなってます。
別にいいんだけど(笑)。

サイアノプリントのWSにちょっと前に参加しました。
暗室を使わなかった時代の古いプリントスタイルっていろいろあるようですが、サイアノもその一つです。
昔の青焼きコピーみたいな、プルシアンブルーの色にプリントされた写真になるんですが(かなり大雑把な説明です)、詳細知りたい方はググってみてください。
(元々、デジタルネガを作って暗室で銀塩プリントするっていうのに興味があったのですが、デジタルネガがあると、銀塩以外にもサイアノとかアルビューメンとかプラチナプリントとかいろんなプリントができるっていうことに気付かされて、ますます興味が湧いています)
・・・
やり方としては、薬品2種類を用紙(水洗いするため水に強い紙のほうがいいそうです)に刷毛で塗って乾かし、そのあとネガ(デジタルネガ)を密着させて紫外線で露光させます。
晴れていると15分くらいで完成しますが、WSの時は曇っていて1時間半以上かかりました・・・(^^;

サイアノプリントは、用紙(水彩画用の紙)も薬品も刷毛も手元にあるのですが、なにしろ紫外線に感光してしまうため、用紙を用意するのがどうしても暗くなってからじゃないとダメなのと、露光させるときにはピーカン状況のほうが条件がいいために天気が悪いとなかなかできないんですね。
・・・・WSが終わってからデジタルネガだけはたくさん用意したのですが、まだプリントはできてい
ません。

同じような青いプリントでもう少し簡単なのが、コピアート紙を使ったプリントです。
これもサイアノプリントのWSのときに教えてもらったのですが、コピアート紙という黄色い色をした紙にデジタルポジ(ネガだとネガのまま露光されてしまうのでポジを用意します)を密着させて、あとは紫外線露光させます。
ピーカンだと2分くらいで完成するのですが、そのあとアイロンかけると見事に青い色にプリントされます。

サイアノもそうですが、化学反応のマジックというか、不思議な世界です。
今朝晴れた時間を見計らって3点ほどコピアートプリントしてみました。
(デジタルポジが3点しかなかったので・・・(笑))

アップした写真の上がWS時にプリントしたサイアノプリントで、下がコピアートプリントです。
Img_4a8985851ce03d1f138cc736867135cb
iPod Touch
2013年7月某日、私の写真制作にとって1年の半分が終わりました。
残されたのはILFORDのバライタ紙(8×10)100枚入りの空き箱2箱と、ブローニーフィルム30本分のネガ、コンタクトシート、そして20数枚の六つ切プリント。
よくも悪くも、私の半年分の成果です。

一段落ではありますが、まだまだ何も形を成していないような気もします。
そして今日改めて頑張ってくれているHasselblad 500Cと500C/Mのカメラに、もうひとがんばりしてもらわなきゃ、という気持ちになっています。

また新しい印画紙の箱を買わなきゃ、ね。