Img_7d9704ccc3ce480a7c8fe266dcce431c
Img_9d3f7853740fe91918827d3386f4e6f8
Ricoh GXR, A12 50mm f2.5 MACRO
今日から4月。
春です、新年度です。

写真展が終わって、久しぶりに写真撮りましたー(笑)。
近所の野良猫。
相変わらず屋根に登っている子。
元気だったかな。
寒い冬を越してホッとしてるかな。

また撮らせてね。
Img_ff3a8697553f725bf17996d3e4802ec2
Ricoh GXR, A12 50mm f2.5 MACRO
寒さ、暖かさの目安のひとつとして、猫が行く場所があります。
猫は居心地のいい場所を見つける天才ですから。
・・・
ちょっとでも寒いと暖かい場所を求めます。
ホットカーペットの上、日のあたる窓辺とか。
それが、暖かくなって来ると椅子のクッションの上とか、バスケットの中とかに移動してきます。
3月が暖かい日が多かったせいで、バスケット大人気でした。

無理矢理写真撮ってしまって、ごめん。
Img_5a13a491068ac2f0e198ec2caa9c3bf5
Img_167e5647a30975aaa69341e96b2332d3
(写真撮っていいということだったので撮ってます。 右側は受付デスクの下の様子です、アンチョコ等を置いてました。)
先日銀座にある「フレームマン銀座」のギャラリーで写真展の受付嬢をしてきました。

写真展は岡嶋和幸さんの "stray in the mist" というタイトルのもので 3/31~4/4まで開催されたものです。(これを書いている時間にはまだ開催中)
御本人は多忙で在廊できなかったために期間中は手分けして何人かで受付担当することになったのですが、平日なら私もできます!ということで1日だけ担当したといういきさつです。
・・・・
とてもかなりいい経験でした。
写真展に在廊する、というのは何度も経験してますが、自分たちのではない写真展の受付を担当するというのは初体験でした。
プロの写真家さんということで来られるお客さんも様々でしたが、いやいや、いろんな方がおられました(笑)。

写真の説明がない、と怒られる方、写真展とは全く関係のない話に終始された方、作家さんといかにも知り合いのようなお話をされる方(実際は違いましたが)等々・・・
結果から言うと、一言、面白かったです。
午前10時から午後7時というとかなり長い時間なのですが、意外にも長く感じる事もなく、お天気が悪かったのにお客さんはかなりいらっしゃいましたしヒマをもてあますこともありませんでした。
・・・自分たち自身の写真展とはまったく違う感触でした。

無事終了したあとは・・・結構疲れてました(笑)。

Img_9fbd1b778299e8dbf7607da6dc7d5e1f
Ricoh GXR, A12 50mm f2.5 MACRO
ほぼ、終了。
(ほぼ、と書いたのは、最後の最後に大失敗してプリントやり直すことになったからです。何故って?
プリントサイズ間違えたのです→バカでしょ)

自分の身体に「撮影→現像→プリント」という手順を沁み込ませるという基本的なことを叩き込む大事さを教えられました。
ほんと、基本的な事です。
言って見れば単純な事ですが・・・でも大事な事。
・・・これが今迄出来ていなかった事に気付かされた期間でもありました。

デジタルに慣れた身にはこの「当たり前」な事がわからなかったんですよね・・・(溜息)
もう一度やりなおし、になっています。

・・・もっと大事な事はそれを「楽しむ事」ですかね。
Img_26a95ea8b212de8bf3c8fef99d552431
Ricoh GXR, A12 50mm f2.5 MACRO
なんだか寒い朝。
昨日も妙に寒かったし。
春なんだよね?

ちょっとした足踏み状態です、今。
(スポッティングって細かい作業なんですよ〜〜〜・・・ちょっと色を間違えるとせっかくプリントしたものが台無しになる・・・とほほな状態)
まぁ、こんなこともあるさ。

いつもはヒマな私がドタバタ落ち着かない状態なので猫たちもそれを知ってか知らずか、変にスネたりしています。
ごめんね、気紛れな飼い主で(笑)。
Img_3520156b0ebbaea3d7ff90aa9f8466e1
Ricoh GXR, Leica DR Summicron 50mm f2
猫展に参加し始めて4回目。
写真展自体は2008年からの参加なので5年でおよそ7、8回になりますが・・・

最近になって自分の展示写真に責任を持ちたいと思う様になりました。
遅い・・・!?
最初は気軽に参加、という形だったのですが、写真が少しずつわかってくると自分の写真は自分でなんとかしなければいけないんだということに今「やっと」なっている状況です。

それが、フィルム写真の基礎からやり直そうと思った最初の動機です。
デジタルであれフィルムであれ、基本がわかったほうがいいはずですから。
4月にやっとヨチヨチ歩きができるかな、という状況になっている??はずなのですよね。
(只今つまずき中(笑))
まぁ、おぼつかない足取りながら少しずつステップ・アップして行こうと思っています。
Img_cf1976e98df7a9d616eba1e3e8ed0503
iPod touch
先日大失敗したプリントのことを書きましたが。
2度目のトライでなんとかなりました。
1度目にやり直したときは・・・・また失敗しましたけど(笑)。
・・・・今の私の技術ではこれが限界。

なににせよ、撮って現像してプリントする、というリズムを自分の日常生活の中に組み込むべく「あがいて」おります。
もちろん、失敗もやらかしてます。

暗室の3時間はあっという間です。
Img_62f9698ec28e233d4e96669dc7dda0c3
Img_b531383791fbc143e43e28b5852e6441
Ricoh GXR, Voigtlander Nokton Classic 35mm f1.4 MC
引いてみな、ではないにしても(笑)。

視線を少し遠くにやると見えて来るものが変わるんだろうか・・・
いつも被写体に主張させたくて、ついつい近寄ったりしていたんだけど。

離れると、視界が広がる。
そして日常がそこに写る・・・
見せたくないものも含めて(笑)、そこに私の時間が見えるのかもしれないな。

相変わらずの相棒たちも、すこし離れたところから見てみるのも意外に新鮮かもしれない。
Img_8ff289f152c628cdc9f64745ee44affb
Ricoh GXR, Elmarit 21mm f2.8
嵐ばかりです。
ほんと。

何が起きるかわからないから、楽しいとも言えるけどね(笑)。
先日代官山の蔦屋書店にあるGarden Galleryで夏木マリさんがモデルになったマイケル・トンプソンの写真展を見てきました。
躍動感溢れる彼女の美しいモノクロ写真の展示でしたが、60歳とは思えぬ美しさでびっくり。
そのあと彼女のトークショーも見ました。
和やか、かつエネルギッシュなトークに、彼女より確実に若い私は圧倒されると同時に、人間はやる気になれば年齢なんて関係ないんだなというのを実感。
・・・・
いやぁ、私も頑張れるだけ頑張ってみようかな。
あくまでも私のペースでね。
Img_2aee13751a0dae7ca732f2040b3a96ff
Ricoh GXR, Elmarit 21mm f2.8
写真は相変わらず猫です(笑)。

露出は光を読む事だと、先日教わりました。
理屈ではそう書いてある本もあるんですが、実感したことはなかった・・・
とっさの場合にいちいち露出をああだこうだと考える事はないにしても、意識するってことは大事なんですね。
それを今迄考えた事がなかったと言うか考えもしなかったと言うか・・・
そもそもカメラに内蔵露出計がついているんで(私の持ってるデジカメ)+か−かということが見えるんだけど・・・
モノクロの場合は明暗だけではなく濃淡ということも考えないといけなんですね。
・・・・
プリントしやすいネガをつくるために光を読むという作業は大事ってこと・・・

まだまだ修行中な私であります。
相棒のハッセル君とともに頑張ります。
先は長いのですから。