Img_57554152422976bbebe696fdec9b3fdb
Ricoh GXR, Voigtlander Nokton Classic 35mm f1.4 MC
このレンズ、とってもいいレンズなんです。
35mmなのですが、GXRだと55mmくらいになるので意外に使いやすいので最近はこのレンズを付けっぱなしです。
・・・・
この間気付いたのですが。
どうも撮ったものにシミのようなものが写るのです。
同じ箇所・・・
レンズ換えると写らないということはこのレンズのせい?
肉眼でレンズを見ても確認できないのですけどね。

今コシナに問い合わせ中です。
クリーニング可能かどうか・・・・というか綺麗になってもらわないと困るんですが。

うーむ。
Img_df2904f8e2407091191f6612e4be9e10
Ricoh GXR, Voigtlander Nokton Classic 35mm f1.4 MC
2/1と2/3に横浜のCP+と同時開催される「御苗場2013」と「Photographers' Summit番外編」に行ってきました。
CP+はカメラとそれに関する機器などの総合博覧会みたいなもんですが、私はカメラやらそのあたりの機器の新製品にはまったく興味がない・・・(笑)
むしろ写真そのものを見に行ったというほうが正解かもしれません。
今年は私の知人が何人も御苗場に参加してたり、Photographers' Summit番外編に参加してたりしてそれを見に行くのが楽しみでしたし楽しみました。

御苗場横浜はいつもCP+と一緒に開催されるのですけど、今年はいつになく人気だったらしく各ブース間が狭い、せまい(笑)。人が行き来するのがすごくて立ち止まってお話ししてると歩く人の邪魔になったりするし大変でした。
願わくば、もうすこし広いスペースだったほうがよかったなぁ・・・と思ったり。
たくさんの見応えある写真達を見ることができる機会はそうそうないのでよかったです。
Photographers' Summit番外編も、かなりレベルの高いポートフォリオレビューが見られたし話も聞けたし1000円払っても惜しくはなかったかな(笑)。

2日間行きましたが、最後はあの会場の裏にある公園?で写真撮って帰ってきました。
ちょうどハッセル用のプリズムファインダーをヤフオクで落としたしその使い心地もまた試したかったのでちょうど良かったです。
(プリズムファインダーは予想外に使えます・・・正像、というのはありがたいです)
今週現像の予定があるので現像してみます。
・・・できれば、綺麗に現像したい・・・←切実。
Img_dd5370abe226d65f94d1fb2b5d36e910
Img_d9e3f6c2f1f06276507c6556b6955890
Ricoh GXR, Voigtlander NOKTON Classic 35mm f1.4 MC
毎日寒い日が続きます。
たまに極端な春日和だったりしますが、基本的には寒いです。

2月に入ってドタバタし始めています。
3/19からの「猫展」にむけてのプリント予定が決まって来ると、今年も春が来るなぁという実感がありますが、去年より少し早めの開催なのでちょっと慌てているような・・・・気もしますけどね。

初等科も佳境に入って来て、フィルム現像も少しずつ慣れてきました。
プリント実習も来週から始まります。
暗室の予約もして「気合いだけは充分」(笑)。

しばし猫と戯れる時間が、今は貴重です。
Img_d79041413ff1784456941e45b51c8741
Img_c404a51c61f85481a642c65fb1997aca
Ricoh GXR, Carl Zeiss Planar T* 50/2
フィルム現像の日に八丁堀の隅田川沿いにいる猫に逢ってきました。
脈絡のないハナシですが(笑)。

3匹くらいいるようです。
・・・黒猫は以前撮りサバトラ猫には見事に逃げられ、今回はキジ白猫のお昼寝に立ち会い・・・(笑)。
猫はどこにでもいるんだなぁ。

さて。
ブローニー4本の現像は、腕が疲れます。
こんなものを何本も、いとも簡単に現像してしまう人が信じられない(笑)。
・・・前回の失敗(?)を克服出来ているといいのですけど。
スキャンしてみるのが少々怖い。

そんなこんなで、猫に癒されようとしています。
Img_c012d65bcce659f0767bf53a89d01e30
Img_8257a9711f15fefff3b76367e9697f20
Hasselblad 500C, Carl Zeiss Planar T* CF80mm/2.8 with Kodak TX-400
(Self Development D-76 9'45")
思わず目に止まるのは幾何学的な模様、そして手触り感を感じた時かもしれない。
頭の中が単純なので、四角かったり丸かったり、真っ直ぐだったりするものが、好きなのかもしれない。
人間が創りだすものには無限な美しさがある、と思う。


Img_8c7f96cb22c754a70d3a747acd195f4e
Img_1c72eb76c1681cb0c0ff665f582306e5
Hasselblad 500C, Carl Zeiss Planar T* 80/2.8 with Kodak TX-400
(Self Development D-76 9'45")
寒い午後。
青空なんだけど風が冷たいある週末・・・
隅田川べりは静かでのどかだったけど、寂しそうでした。
なんだか、プイッとそっぽを向かれたような、そんな写真になりました。
Img_f1046c3dc3c6a9ba9870e488f5bf0fc6
Img_2f5f09962bc5ebfb20b4313abd4b0fe0
Ricoh GXR, Carl Zeiss Planar T* 2/50
週末2日続けて暗室でのプリントワークでした。
金曜日は3年ぶりのレンタル暗室、土曜日は初等科での暗室ですが。
・・・・
3年ぶりのレンタル暗室、最初どうなるかとヒヤヒヤしたのですが、案外大丈夫でした。
最初アタフタしましたけどねーー・・
(引き伸ばし機が違うとアタフタしませんか? わたしは、します。しかもタイマーも違ったし(笑)。)
暗室のハヤシさん(すいません、名前出しちゃった)、3年前とちっとも変わらず、しかもちゃんとわたしのことは覚えてくれていたようです。
よかったです(笑)。
(左側の写真がそこでのプリントです。「猫展」用のも焼きましたが、違う方をアップしてあります)

土曜日の暗室は初等科での1連の流れの中の一環なのですが、本番一発!と言われてアセりました。
・・・アセるでしょ、普通。
来週は本番の本番、ますますアセるでしょうねーーー。




Img_7c90a792b9f3731a9ff5bdf7f069f5dd
Img_288960cd95267abe40bfd3a6f841775a
Hasselblad 500C, Carl Zeiss Planar T* 80/2.8 with Kodak TX-400
(Self Development D-76 9'45")
相変わらず、です。
暗室いっても「相変わらず猫なんだね」と苦笑されましたが。
・・・・
ずぼらな私は身近な物を被写体にしています。
だから「猫」。

Img_c78c28a9ae105f1a320aebb80b13fd07
Img_7808f2b6285685e3b26769aa435f004c
Hasselblad 500C, Carl Zeiss Planar T* 80/2.8 with Kodak TX-400
(Self Development D-76 9'45")
(ひとりごとです、あくまでも)
困った・・・
これ、好きなんだけど。
プリントしてもいいのかどうか、わからない。

とりあえず、プリントしてみようかな。

そんなもん悩むなって? そうなんですけどね。 印画紙高いし・・・・一応悩む訳ですよ(笑)。
Img_03153bc8259fe83990d271d9c8f6ab7d
Img_ceca021ff0fee55ee0e4847546fffc53
Ricoh GXR, A12 50mm f2.5 MACRO
久しぶりな料理ネタです。
普段は料理作ってもなかなか写真に撮ろうと思いません、というか、撮るほど美しくないし(笑)。
・・・・
今日はちょっと余裕があるようです。
いつもは牛蒡のみのきんぴらなのですが、今回はこんにゃくと一緒に作りました。
たまにはこういうのもいいでしょ。

器はどこで買ったか忘れましたが、一応古いものです。

日記のタイトルが「日々のかけら」に変わりました。
別に心境の変化はないのですが。
より日常の自分の心にある「かけら」を大事にしようと思っています。
Img_a645c2095960c3012f969aed0d29632f
Canon Eos5D, Sigma 50mm DG MACRO
Ricoh GXRを使い始めたら、いつの間にやら防湿庫の常連となったEos5Dですが。
・・・・
やっぱり使ったら使いやすいのです(笑)。
わかってはいるのです。
フルサイズの1眼レフですから。

やっぱり私の大好きなカメラのうちの1台なんだということを再認識しました。
(メインのカメラは何だ!?ってことは聞かないでね)
Img_31929b4b3cbd05f0477c575f44c75234
Canon Eos5D, Sigma 50mm DG MACRO
「猫展」にむけていろんな文章を考えてみましたが。
結局私はこの6年間、2匹の猫の何を撮ってきたのかな・・・

恰好いい言葉をいろいろ考えました。
・・・が、思いつかない。
それどころか、何を言っているのか余計わからなくなってしまう・・・

要するに私はこの子達を撮ってどうしたいのか、と思いました。
素敵なポートレートに仕立ててうちに飾りたい訳です。
そういうことです。
単純な事。
恰好いい言葉で言う迄もなく、ね(笑)。

いい光を見つけたら撮ればいい。
猫たちがどう思うかは関係ないのです。
それをいいプリントに仕上げればいいのですよ。
・・・・
難しいけど。