Img_51b8acb1a6b061ceec76e0722ceb400c6ffe4e1d
Ricoh GXR, A12 50mm F2.5 MACRO
・・・ちょっと横道に。

「海岸美術館」で手に取った2冊の本がどうしてもほしくなりamazonで買ってしまいました。
1冊は「猫たちよ!」という猫の写真集。
彼が出会った世界各国の猫たちがちょっと強面で写ってます。
もう一冊は「Beatles in Tokyo 1966」という、彼がビートルズ来日の際の公式カメラマンだったときに撮ったビートルズ4人のプライベートな写真集(*そのものではないです)というか記録というか。
(あと2冊のうち「ISLANDS」というのは1978年ころに写真なんか全く興味なかった私が南の海の写真ということで買った1冊・・・本棚の角から見つけました。もう一冊は海岸美術館で買ったものです)

コメンテーターとしての顔の方が今は有名になった浅井慎平さんですが、ちゃんと写真も撮ってるんです(笑)。

*追記
ビートルズの公式カメラマンのときに出した写真集は正確には「ビートルズ東京 100時間のロマン」」というタイトルのものです。
私の持っているのはそれを古書店で見つけたイギリス人の方が新たに出しませんか?という打診を慎平さんにして、それで出したものみたいです。
・・・・
そして。
「ビートルズ東京 100時間のロマン」を探しまくって見つけた私。
あ〜〜〜〜・・・買っちゃった・・・高かった(笑)。
Img_97aee6a9ae832561f561006255a68fc2eda29c59
Img_d3a0f8d9061db267bd913938aa99b031d8daca0b
Ricoh GXR, P10 28-300mm f3.5-5.6
もうすぐ夏。
にぎやかなざわめきと笑い声に満ちる季節が来る。

・・・そんなことが嘘のような静けさの中、
海には穏やかな時間が流れていた。
もう7月ですね。
この日はまだ海岸には海の家も建設中でしたが、そろそろ海開きな感じがしてきていました。
でもまだまだ人は少ない、というか、誰も居ない場所もありました。
(2枚の写真はそれぞれ別の場所です)
・・・
どうでもいいけど、この写真100%表示にしたら(リサイズする前です)粗かった・・・(笑)

Img_801e2243a64199290d12011b51206e28dd6f2ce5
Img_c8a38d481fb8d45ba2062fd47ef2ca15d809afac
Ricoh GXR, P10 28-300mm f3.5-5.6
Img_a4e3089d5e078a01d1a1e719166c50189bceee69
海の蒼
森の翠
囲まれて深呼吸する場所
大きくて心地のいいベンチに座って
音なく存在する写真やアートを見つめると
底なしの静寂に包まれていく・・・
Img_bd697ac9e8321fb71a4d46cce7298e06a138566c
Canon Eos5D, Tamron 90mm f2.8 SP AF Di MACRO
プチ旅の写真、ちょっとひとやすみです。
・・・ハッセル写真のフィルムの現像は上がって来てはいるのですが、なんだかんだと細かい主婦仕事が続いているためまとまった時間がとれず、未スキャンのまま。

落ちついてやらないと適当になっちゃうのはいやだし。
今週中になんとかしますが。

ってなわけで(笑)ひとやすみしながら猫と遊んでおります。

Img_d7ad83ddefa014ca68143f10f4fc34d1d0ded6f9
Img_f2f19bb199f0bed770a8e19950b11a48a977ab54
Img_36efa91bd0bd7898ec04a8e2b30c6330168dab3f
Img_889972b8eeaeb2fa88fbd3fa83b2de731031682f
Hasselblad 500C, Carl Zeiss Planar T* 80/2.8 with Kodak Tri-X400

今日スキャン1/3やりました。
海岸美術館の分のモノクロだけは先にやりたかったので・・・

このフィルム、Kodak Tri-X400なのですが・・・わたし、好きかもしれない(笑)。
何が?って言われても上手く言えないのですが、同じカメラで別のモノクロフィルムも使っててそれより私的に好みってことです。
多分露出がドンピシャ!でうまくいったときに綺麗な白黒が出るのかもしれないなーとか思ったり・・・→ほんとか?

それにしてもこの美術館の床、ピッカピカで綺麗!!
デジタルで撮った写真じゃ、そんなに感じなかったんだけど。
うまくボケたせいかな(笑)。
Img_d7a111caee09c6c518f1467bb311c0d467479f19
Hasselblad 500C, Carl Zeiss Planar T* 80/2.8 with Kodak Tri-X400
・・・
何故か天地がひっくり返ったままスキャンしてしまった1枚。
でも、これ、このままのほうがいいなー。

個人的な意見です。
写真とは関係ないのですが。
浅井慎平さんが1966年に撮ったビートルズの写真集(オリジナルのもの)を手に入れました。
当時400円だったものが今は・・・・(笑)
作りはいわゆる雑誌っぽいです。ページもそんなに多くはないし、プリント自体も決して写真集として美しい物ではないのですが、ビートルズが来日した!という当時の雰囲気はどんどん伝わってきます。
・・・籠の中の鳥状態のビートルズの素顔が垣間見られる、そんな写真集でした。
Img_1da2686b65b231ba1b660a7222ebe151a375fcc5
Img_c8d2e72c3e8bf90db76aa8a0d1d1d8e876862b65
Canon Eos5D, Tamron 90mm SP AF Di MACRO
蒸し暑い日々が続いてます。
・・・
気温よりも湿度のほうが参ってきてます、だんだん。

さてさて。
うちのななは満3歳ですが、家に来た3年前よりずーっと顔が大人びてきました。
来た頃は、まんまるでまだあどけない表情だったのが、最近になって少し面長気味になってきたかなーと、撮った写真を見ながらしみじみしちゃってます。
・・・どこが?変わってないじゃない?と言われてしまいそうですけど、ま、飼い主にしかわからない変化なのでしょうね(笑)。
Img_0edce8602fc114310297e4d3a7e266187fd91070
(Kodak Portra 400)
Img_acadc4f993f4f43c522401af31d14dd117e1de8c
Img_f2bb6a7ee49a7be57d1d12c9a5fdfce50512ad0e
Hasselblad 500C, Carl Zeiss Planar T* 80/2.8 with Kodak Portra 400NC
Img_3e0d92bf94032b801a28262eb232349c19274a44
(ILFORD XP2)
この青いタイル、素敵です。
タイルというスタイルにある意味ミスマッチな和柄。
この辺に浅井慎平さんのこだわりがあるのでしょうね。
・・・欲しい(笑)。

館内も、個人の美術館にありがちなエキセントリックな感じは微塵もなく・・・
(写真も素敵でしたが、フレームが私好み・・・オーダーなんでしょうけど欲しいなぁ)
さりげなく飾られたガラスの水盤?も、オールやボート、でかい貝殻もとても涼し気で素敵でした。
それにしても螺旋階段にマリリン・モンローの写真、これはなにゆえここに???(笑)
Img_c619cc2f57c86161306e5a154ae6c2f762e9499e
Nikon F3, Carl Zeiss Planar T*85/1.4 with ILFORD XP2 Super 400
これは今年の1月に撮ったもので、埋もれた写真です。(さっき見つけました)
確か動物園に行った日の朝、うちの近所にいた野良猫を激写!
・・・そんな恰好いいシチュエーションでもなかったですけど。

野良猫は、居心地のいい場所を見つける天才。
・・・暑ければ涼しい場所にいるし(夏のまっ昼間はどこにいるのかわからないくらい出てきませんが)寒ければなるべく風が当たらないあたたかい場所を選ぶし。
どっちにしても車の下で遭遇することが結構あります。

しかもこの子はベンツの下。
わかってるんだろうか・・・(笑)。

暑くなって来たとはいえ、まだまだ朝方は涼しいので助かります。
梅雨明けまでもう少し、ということですけど、ここ数年は真夏が怖い(笑)。
明け方涼しい日々が続いて欲しいと切に願っております。
・・・
海岸美術館行った際の棚田と海の写真のネガスキャンが未だ済んでおりません。
いつもヒマな私なのに、今週いっぱい予定が詰まっていまして時間が取れません→珍しい。
・・そのうちやります(笑)。
Img_0a6b2a486f5db321e3016f29ccdbedd15c28471a
Img_a6723d247aa60e6c1f59b03a090b43fd8f424b5c
Ricoh GXR, A12 50mm f2.5 MACRO
葡萄色から白へ
ガラスのグラデーション
涼し気な音が聞こえる気がした・・・
どうしても見たい写真展があって青山に行ってきました。
今週はヒマじゃないのでまっすぐ帰ろうと思ったのに、あろうことか寄り道をしてしまった・・・
・・・
寄り道は魔物。
ははは。
青山通りから1本入った通りに器のギャラリーがあって、ガラスの作家さんの展示を見てしまった。
この時期ガラスの器は涼し気でいいのです。

蕎麦猪口だと言われましたが、お酒を入れてもいいかもなー。

あ、そうそう。
ピラティスは続いています。
体型に変化はございませんけど(笑)。
・・・しかし、でっかい鏡に自分の姿が映るというのに慣れるのはもうちょっと時間がかかるかもしれません。

Img_4765e7d6eb57c1909cf9efe196070d5aebca14d6
Img_e204eab4eec566fb637af5863b9b44604238a229
Ricoh GXR, A12 50mm f2.5 MACRO
2年半ぶりに。
・・・細かいことをやっぱり忘れてました。
コンスタントにやらないと駄目なことを痛感しましたが、デジタル写真にいっちゃうとついついそちらにシフトしたりするんですよねーーー・・・
デジタル写真のプリントも難しいのはむずかしいのですけど。
どこか「作業」になりつつあってちょっとお疲れモードでした(笑)→生意気。

ひさしぶりな暗室作業ではカンは働かず(笑)教えてくれる先生に頼ってばかりでした。
先生、いちいちありがとうございましたーーー。
ただ、暗い中にぼぉーっと絵が浮かんで来る瞬間の、あのワクワク感だけは忘れてなかった、いやホント。

アップしたものとは別に、2点どうしてもプリントしたいものがあってそれを暗室に持ち込んだのですけど。
久しぶりな暗室なわりに「やっかいな」ネガでした(笑)。
でも覆い焼きと焼き込みの組み合わせというのは絶妙な黒のグラデーションを創りだすんだな、とかなり感動。
ただ問題はどこを覆い焼きするかとかどこをどのくらい焼き込むかという、選択が私の頭の中に存在するかどうかで(笑)・・・っていうか、それが大事???なのですけど。
もうすこし教えてもらわないと駄目かな。
Img_8e67c7977ead3aaa55bd173515a58deb9d5af2f6
Canon Eos5D, Tamron 90mm f2.8 SP AF Di MACRO
雨・・・
窓を閉めると
ガラスの箱の中に
閉じ込められた気がする。
・・・
嫌いじゃないけどね。
Img_e44a9f42d051981fe61e094b04d9919b0626702c
Img_89990d37ee977190133f4a2f9919dd7321434930
Img_3e28751e7024bde5081617e360a57bab412d8ebd
Kodak Tri-X400
Img_e9960125c879537b900881bda4b7528bd73528ff
Kodak Portra400
Hasselblad 500C, Carl Zeiss Planar T* 80/2.8


理由なんてどうでもいい・・
ただ、眺めていると
突然ファインダーを覗き込みたくなって
フィルムを詰める・・・
自分と自分の好きなものを
心に焼き付けたい、のかな。
Img_84c0d2145a609c78ae142264939b44f567a2882d
Canon Eos5D, Tamron 90mm f2.8 SP AF Di MACRO
ずーっと後になって、これ、なんでボツにしたかな、という写真をみつけることがあります。
なんでかな。
そのときの気分なのか、見落としなのか。
でも削除してないってことは自分としてはまぁまぁの出来なのか(笑)。
今となっては不明です。

でもときどきヒマな時間に過去写真を見返すことも大切なのかもしれませんねー。
(これは猫カフェに行った時の写真で、見事ボツになったもの)
Img_d45ff509ce0dbcf14784b202034ad27bd769c065
Img_f39642f35f5e04b0bcf116a5ecf1231416626016
Hasselblad 500C, Carl Zeiss Planar T* 80/2.8 with Kodak Ektar100
先月行った千葉鴨川の大山千枚田。
・・・
棚田の写真のスキャン終了してますが。
あの壮大な緑色の海の雰囲気が出ていませんなぁ(笑)。
レンズの選択間違えた?
次回に向けての反省です。

あ、左側の写真に写ってる2つの物体は私の荷物です。
Img_2f126ea62f18b87a590e7472f601a57d0ce47db5
Img_c63047bffd54e920c526d3d13d7f352410c69d31
Ricoh GXR, A12 50mm MACRO f2.5
真夏の昼下がり。
一瞬、
ここがTOKYOだってこと、忘れてる・・・
新宿御苑は都会にあって不思議なくらい静かな場所です。
猫たちもここでは守られているんでしょうね。
・・・
この子達に逢いに、私は時々ここを訪れます。

そしてこの日。
思わずニンマリしてしまう光景に出逢いました。
お昼寝する猫達とおじさん。
(このおじさん、いつもこの時間ここにいるようです・・・寝てたしシャッター音にも目覚めなかったのでアップしちゃいました。顔見えてないから大丈夫だよね?)
のどかな一瞬でした。
Img_5460b9624c18df6e4c783876ab4dcd166395b8b1
Img_aa81398d4b4a7347b3a9553202d101b56d38e581
Ricoh GXR, A12 50mm f2.5 MACRO
この2匹、同じ猫ではありません(笑)。
多分兄弟・・・
右側は女の子ですけどね。

新宿御苑は有料でしかも開園時間が決まっているから他の公園と違って猫たちの待遇もいいのかなーと思います。
やたらに餌をあげるわけにはいかないけど、世話をしてる人がいるんで多分幸せなんだろうな。

とはいうものの・・・
撮るのは結構難しいです。
おじさんには慣れているけど、私に慣れている訳じゃない(笑)。
いつもそ〜〜〜っと近寄って撮ってます。
Img_2eca7bf2d9bbffe97dba71925cba7cddb173746e
Hasselblad 500C, Carl Zeiss Planar T* 80/2.8 with Kodak Portra400
いのち短し 恋せよ少女(おとめ)
朱(あか)き唇 褪(あ)せぬ間に
熱き血潮の 冷えぬ間に
明日の月日は ないものを
(「ゴンドラの歌」より)
多分人が一番悲しいのは自分自身を愛せなくなる事ですよね。
だけど、自分が自分を好きでなくてどうするの・・・と、いつも思います。
どんなひとの人生にも必ずそのひとが輝く瞬間があるのですから、それを確かめない手はありません。


Img_23d4acceecea4b37759a5cc3f3a65157301554b3
Img_40fab592a9cbc5cf62710a8643eb5228544a7d78
Img_e2816c103ac89c374e78a090314993753b27f869
Hasselblad 500C, Carl Zeiss Planar T* 80/2.8 with Kodak Portra400
楽しい夢が見られるのは
多分ひるさがり・・・
猫たちもきっと
いい夢見てるんだろうな。
先日の新宿御苑の模様をちゃんとハッセルでも撮っておきました。
最初は遠慮してGXRだけにしようかと思ったけど、あまりに無防備なお昼寝姿が微笑ましくて可愛くて、フィルムでも撮っちゃいましたー。
シャッター音が大きくて申し訳ない、とか思ってたけど猫もおじさんも微動だにせず・・・
ありがたいやらびっくりするやら。
・・・
あらためて、おじさんごめんね(笑)。

しつこく同じシーンばっかり撮ってますけどね。
微笑ましいシーンはネガ見ても微笑ましいのです。
・・・モノクロがそろそろ現像上がって来ると思いますが、それもここのシーンです。スキャンしたらアップします、すいません。(笑)


先日お腹を壊して元気がなかった「なな」ですが、やっと今朝から恒例の「ハラ減ったー」が始まり、ウルサイけどちょっとほっとしています。
ここ2、3日の寒さが原因なのかな、と医者に言われましたが、「なな」が何も言いませんのでよくわかりません(笑)。
なにはともあれ、一安心しました。

7月31日からの "Cats and Dogs"展はハービー山口さん効果なのか、52人の参加が予定されてるみたいです・・・びっくり。
6日間の展示で、短い期間なのですけど楽しもうと思ってます。

Img_a42e44a3db1b9823b6e43f6a6032b7e870b61475
Canon Eos5D, Tamron 90mm f2.8 SP AF Di MACRO
猫もそうですが、飼い主であるわたしもかなりなぐうたら人間。
・・・
ま、半世紀生きていたのでもうイヤな事はやらないようにしようと思ってることもありますけど。
好きなことにまっすぐであろうと、今は思い続けております。

ただねー・・・
それだけではなかなか難しいことも多々あり(笑)。
とりあえず人に迷惑をかけるようなことだけはしないようにして、自分を貫こうかと・・・

今年はフィルムで写真をたくさん撮ってみよう。
・・・プリントしてみたい、と思うものをたくさん撮ってみよう。
ピラティスも続けます・・・腹筋に効きそうなのと身体のバランスが取れるかもしれない。
あとは「断捨離」かな。
・・・・そのあたり、頑張ってみます。


Img_76e9c4a2d4069c4e66a105756c7207fa5ba93594
Canon Eos5D, Tamron 90mm f2.8 SP AF Di MACRO
迷ったらとりあえず前を見よう。
歩みを止めて
前を見つめよう。
生きている事を楽しもう・・・
オリンピックが始まりますねー。
イベントなんて大騒ぎするほどのもんじゃないと若い頃は思ってきましたけど、今はなんだか素直にわくわくしてます。
年取った???(笑)

いやいや。
このために必死に頑張って来たであろう選手たちの、まっすぐでひたむきな瞳を今は見たいだけなんです。
政治や事件のドロドロした、いやな気分から解放されたいのです。
勝っても負けても感動できることなんてなかなかないでしょ。

しばらく一喜一憂しましょうか。
Img_ee4a220c6410c1d50fa39b1a8e872011fcb9908c
Hasselblad 500C, Carl Zeiss Planar T* 80/2.8 with Rollei Retro400
このフィルム、扱いにくい・・・のです。
カールするし。
発売された頃は「ローライが出したフィルムだ!」ってことで箱買い(その箱がしかも木箱なのですよ、すごいです)しちゃったものですが(笑)。
ちょっとむずかしいなーと最近思う様になってます。
しかも結構コントラストが強いような気もする・・・
・・・・うーーん・・・嫌いではないけど苦手なフィルムかもしれない。

だけど。
黒猫の「目」の部分、ちゃんと写ってるではないの!(笑)
この子寝てるからツブレてしまうかと思ったんですが・・・写ってました。
さすが中判!?

写真に撮るのに黒猫と白猫はかなりむずかしいのですが、それでもちゃんと写ってくれるのはありがたいです。
(ちなみに茶虎は撮りやすい・・・(笑))
Img_43441c30b4acc675b9e8a8f2fb17096be8d17bfa
Img_77ddd07ad416e523d4924e3f608b853c2ea5302c
Img_a6004514fc00423213fe66ca20bd133c2297928c
冷蔵庫の片隅に残ってた、Impossible社のインスタントフィルム。

一昨日、某WebShopでImpossibleのフィルムがセール中で思わずポチってしまってて、こりゃイカンと慌てて防湿庫からSX-70を取り出したはいいのですが。
・・・使い方を一瞬忘れてました(笑)。
練習しようと冷蔵庫に忘れていたフィルムを久々に使いました。

あちゃーーー・・・変な色(爆)。
モノクロ写真だとわかりにくいのでカラーでも撮ってみましたが。
セピアというよりオレンジ色・・・
一応モノクロフィルムのはずなんですけどね。(Silver Shadeと箱に書いてあるし)
しかも8枚しか撮れない・・・・値段高いぞ。
ま、このフィルムはImpossible社が最初の頃に出したフィルムなので、不具合も多々あり、私も買ったはいいんだけれどほぼほったらかし状態でした。

セールでポチッたフィルムがもうすこしいい色であればいいなぁ、と思いつつ・・・
今度Impossibleが日本写真学院とコラボするWorkshopに単発参加してみるので、そのときいろいろ聞ければいいな。

さきほどポチッたフィルムが届きました。
カメラ本体の革ケースもPolaroidの純正の物が中古で安く出てたので(3000円くらい)買ってあったので早速装着・・・・撮る気満々になってきましたよー(笑)。
恰好から入る私の儀式みたいのもん?ですね。
フィルムはカラーを買ってみましたが・・・・どうなりますかねー。
人に見せられる物が撮れたらまたアップします。
Img_19128bc9730b354cec7ae52f633874cbce8fd57e
Canon Eos5D, Tamron 90mm f2.8 SP AF Di MACRO
猛暑だ、猛暑・・・・

オリンピックでもなければやってられませんな。
まったく。
ビールは上手いけど(笑)。

付け足し。
今日から四谷のRooneeで "Cats and Dogs展" が始まります。
5日までなので結構短い・・・・初日顔出してきますが、8/1, 2, 3と私用でRooneeに行けないのですよね〜〜〜〜・・・・
4日と5日は顔出しします。
とはいうものの・・・52人の展示ってどんなものなんだろうか・・・想像つかないです(笑)。
Img_453250918e2869748d96c3dabbf7a56493378c4f
Img_bba5ab22f67b0f7f1dc4cfc4e88e16381704e225
Img_b4b4175c568d2f2438f9c19fa5cb331ba92f0c78
Img_fe3fbb9f2d21bd5b621b62bac566d6db25156073
Ricoh GXR, A12 50mm f2.5 MACRO
初日でした。

暑いにも関わらず、そして私が在廊したのは昼間でしたが、其れにも拘わらず見に来てくださった方々がいてなんだか嬉しい日でした。
52人の出展ということと、私自身はRoonee初めての出展ということで初めてお目にかかる出展者の方もいらっしゃって、なかなか刺激的でした(笑)。
展示写真にもいろいろな裏話もあったようで、それを聞いて写真を見るのも面白かったです。
・・・52人52様・・・
そう言ってしまえばそうなのですけどね。

ハービーさんの写真も2点、猫と犬の写真がありましたが(犬が写ったものはDM写真でもあります)、彼が20代の頃に撮られた写真を新たに焼き直したプリントということで、それだけでなかなか感動しましたよ。