Img20080905170851
Canon Eos30D, SIGMA18-200mm DC OS f3.5-6.3 with 580EXII
買っちゃった・・・(笑)。
猫を室内で撮るのに、自然光だけだとどうしても撮る位置によっては暗くなるし、猫の位置によってもどうしようもなくシャッタースピードが遅くなる・・・
・・・我が家は建て込んでる中にある家なので、自然光が入って来る場所が限られてます。
ストロボはず~~~~っと悩んでました。

試してみました。
これはブラインド下げた状況です。
ストロボはバウンスさせてます、天井に。
ISO100なのでちょっとブレてます。
思ったより明るい...びっくりしました。
ストロボ側で光の量もプラスしてあるんですが。
画像はまったくいじってません。
・・・いつもは暗めに撮れてしまうので、かなり明るくレタッチしてることが多いですが、それをしなくてもいいのは助かります。

普通は人を撮る時に使う場合が多いんですけどね(笑)。
猫にも使えるかも、と。

ちなみにこのとき装着してたレンズはズームレンズです。
もしかしたらマクロの単焦点のほうが明るいのでよかったかもしれませんねーーー・・と撮ったあとに思いました(笑)。

ついでに実験。

ストロボの光量だけを変えて、カメラ側の設定を全く同じにするとどうなるんだろ、という素朴な疑問があったので、ちょっとやってみました。

レンズは50mmf1.8でかなり明るいレンズです。
ISO320, f2.5で1/250sec. WBはストロボモードです。

ストロボ使わないで自然光で撮ったらこの絞りでもこの位の暗さ。
あとの2枚はストロボ光量変えて撮った物です。
・・・カメラ側の設定変えれば撮れるっていえば撮れると思いますが(笑)。

ちょっとやってみたかった(笑)。
Img2a20080905170851
Img2b20080905170851
Img2c20080905170851